フィリピンのユニクロでジョリビーの限定Tシャツを買った

WP_20150919_003.jpg
シルバーウィークの休暇初日。マニラに到着し、マニラ空港から歩いてバクララン駅まで行き、電車に乗ってドロテオ・ホセで降り、バスでアンヘレスまで行った。アンヘレスに到着後、ホテルをチェックインしてからバーを飲み歩く前にジョリビーで買ってきたチキンを食べる。

WP_20150920_003.jpg
アンヘレスからマニラに戻り、マラテ郊外の少し治安があまりよろしくないエリアにあるホテルに泊まった。ここでもジョリビーで買ってきたのを食べる。チキンに関しては、フィリピン版のジョリビーの方が旨いと思う。

WP_20150920_006.jpg
フィリピンのユニクロにジョリビーのキャラクターがプリントされたTシャツが限定販売されていた。残念ながら男性用のTシャツはデザインもそうだが、色的に質の良いものが売られていなかったので、Lサイズでグレイの女性用のTシャツを買ってきた。肌触りが良く、また風通しもいいので、常夏の国に暮す自分としてはパジャマ代わりに使ってみてもいいかもしれないと思う。
スポンサーサイト

メイウェザー対パッキャオの試合を地元民と観戦する

WP_20150503_002.jpg
Makati(マカティ)付近のBuendia(ブエンディア)というところで、友人とボクシングの試合を地元民の作った特設会場(テント)内で観戦しました。Mayweather(メイウェザー) vs. Pacquiao(パッキャオ)の試合は、ほとんどの地元の人たち(特に男性)がテレビの前で応援していたと思います。

WP_20150503_004.jpg

WP_20150503_003.jpg
試合は、始終何もせずひたすら防御に徹したメイウェザーに対し、フットワークよく何度もパンチを当て、かつ敵をコーナーに何度も追い詰めていたパッキャオ。パッキャオが勝つかな?と思っていたが、12ラウンド終っての判定で何故かメイウェザーが勝ってしまった。逃げて勝った試合。試合後のテレビ会場内のブーイングもそうだし、一緒に観ていたフィリピン人たちもなぜパッキャオが負けたのか疑問視するくらいアンフェアな試合だった。

マラテの立地がよく便利なホテル

WP_20150502_014.jpg
バタンガスのマタブンカイ・ビーチから帰って来て、ホテルにチェックインしたのは午後9時を過ぎた頃だった。Malate(マラテ)のLeez Innというホテルで、雑居ビルの陰にひっそり隠れている小さくて綺麗なホテルで、一泊2300円くらいで朝食付き。買い物やレストラン、バーや電車に乗るのに便利な立地にあるが、ホテル周辺は少し危なそうな感じの人がうろうろしているので注意が必要だ。シャワーの水圧もよく、きちんと温水も出るしアメニティもきちんと準備され、電気ポッドや冷蔵庫も備え付けられている。マニラを放浪してた時によく利用していたホテルで、エドコンで知り合ったバーの女の子と約1週間くらい一緒に住んでいて(バーへの女の子の持ち出し料金やチップは一切支払っていない)、朝から晩までセックス漬けの生活をしていた。

WP_20150503_001.jpg
今日は日曜日ということで朝食はパンケーキだったが、平日はフレンチトーストにスクランブルエッグやソーセージが付いてくる。質素だが、しっかり朝食を食べておくと朝から調子がよくなる。

フィリピンの素朴なマタブンカイ・ビーチで遊ぶ

1_201505022341578b9.jpg
ホーチミンを深夜2時に飛んで、フィリピン・マニラに到着したのが早朝5時30分。そこから友人との待ち合わせ場所であるCoastal Mall(コスタル・モール)まで空港から歩いて移動した。7時半過ぎにコスタルモールからNasugbu(ナスブ)行きのバスが出発し、ひとまずLian(リアン)に到着後、市場でマンゴーやパイナップルなどの果物を買う。リアンに到着した時、すでに11時を過ぎていた。

2_201505022341571e5.jpg
リアンからはジプニーに乗り、Matabungkay(マタブンカイ)行きのそれで出発。約20分後にはマタブンカイ・ビーチに無事着いた。ちなみに、まわりを見渡した感じだと、外国人の姿が一切見当たらなかった・・・。

3_20150502234156803.jpg

4_2015050223415505c.jpg
マタブンカイ・ビーチではビーチを訪れるみんながバルサと呼ばれるイカダをチャーターしてバーベキューを楽しんだり、海で泳いだりしている。我々もそのバルサをレンタルしようとおっさんに声をかけたが、案の定ぼったくってきた。「2500ペソを支払え」。1000ペソなら支払えると交渉したがあまりいい反応をせず、それなら3時間だけならということで、3時間1000ペソでバルサをレンタルすることができた。

5_2015050223415592a.jpg
バルサ上でバーベキューを食べながらビールを飲みたかったので、おっさんにバーベキューの値段を聞いたら、イカ一匹が350ペソだというのでバーベキューはやめておく事にした。ビーチ内ですべてのものを対象になにかを買ったりするのはとても値段が高い。

6_2015050223415485a.jpg
浅瀬では気持ちよく泳ぐことができないので、バルサを水深の深いところまで移動させ、その後は3時間みっちり泳ぎを楽しんだり、ビールを飲んだり、果物をくったり、気持ちいい風に当たりながら昼寝をしてマタブンカイのビーチをしっかり楽しんだ。

7_20150502235017322.jpg

8_20150502235016db8.jpg

9_2015050223501553b.jpg


フィリピン・マニラへ

WP_20140811_001.jpg
GW休暇を利用して、来月行くことになった。ベトナムで仕事をする上で大事な用事で行くが、勿論夜遊びして帰ってくる予定ではいる。非常にたのしみ。

いよいよ日本に一時帰国することになった

WP_20140902_003.jpg
ベトナムのベンチャー企業に就職することが決まったので、もうフィリピンを訪れる機会はないだろうと思っている。フィリピンに2年近く住んだ。中でもダバオとタガイタイの人たちが良かったが、悪い人たちもけっこう多く居る。フィリピン人は他力本願、短視眼的で、時間にルーズ、相手の話しをよく聞かない、外国人に対して生意気な態度をとる等々、あげればきりが無い。

フィリピンは、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の国と化していて、フィリピン人の英語力はすごく高い。しかし、国としての将来性がない。国自体をもっとよくしようとすれば出来るはず、、だが、他力本願(神様にお祈りすればなんとかしてくれるだろう。)な人があまりに多いので、国がこれ以上発展していかないと思う。仕事熱心な人が少ない、特にフィリピン人の男たち。

WP_20140901_001.jpg
フィリピン最後の夜は、マニラで一番新しいホテルに泊まることにした。

WP_20140902_004.jpg
ウェルカム・ドリンク付き。

WP_20140830_120.jpg
日本だと1時間5千円以上は確実にコストがかかるので、マッサージにも行ってきた。若くてかわいい女性で、アジアンマッサージは、1時間300~400ペソくらい。

WP_20140831_001.jpg
どこのSMモールに行ってもあるビビンバのお店。野菜を摂取するのに重宝してた。

WP_20140902_002.jpg
フィリピン最後の夕食はマックスで。

アンティポロ@ピント美術館

WP_20140830_001.jpg
アンティポロのPinto Art Gallery(ピント美術館)に行ってきた。Ortigas AvenueとMeralco Avenueのちょうど三叉路の交差点になってる付近でAntipolo行きのジプニーを拾い25ペソ払う。Ynares Center付近でジプニーを降り、進行してきた方向に向かって歩き、Kampai Sushi Barの手前で右折してしばらく歩くとピント美術館に到着する。

WP_20140830_002.jpg
入場料150ペソを支払えば建物内の美術品を鑑賞することができる。この美術館のためにわざわざアンティポロまで出掛ける価値はあると思う。フィリピン人の若手アーティストが手がけた作品はユニークなものが多く、とても面白かった。マニラ観光の際は、是非訪れてみてほしい。

WP_20140830_014.jpg

WP_20140830_040.jpg

WP_20140830_062.jpg

WP_20140830_059.jpg

WP_20140830_070.jpg

WP_20140830_078.jpg

WP_20140830_106.jpg

WP_20140830_107.jpg

ダバオ最後の夕食

WP_20140811_002.jpg
ベトナム・ホーチミン出発の前日、ラスピニャスのこのホテルに滞在。
SM Southmallの真ん前なので、すごく便利。

WP_20140811_003.jpg
露天で12ペソのバナナ・キューを食べる。

WP_20140811_005.jpg
フィリピンに自販機があるらしい。

WP_20140811_006.jpg

WP_20140811_007.jpg

WP_20140811_008.jpg
見たことのないフルーツに挑戦。

WP_20140811_009.jpg
完全に小鳥の形をしたチキンのフライを食べる。バロットの中身を
取り出して揚げたようなやつで、味はなかなか美味い。

WP_20140811_010.jpg
フィリピン最後の夕飯は、シシグと、

WP_20140811_011.jpg
リエンポを食べる。日本ではなかなかこんな美味い肉は食べられない。

WP_20140811_012.jpg

Luz Kinilawのキニラウが美味い

WP_20140810_003.jpg
ダバオ滞在最終日の夜、Magsaysayのフルーツ売り場でドリアンを
買ってからLuz Kinilawへ行った。

WP_20140810_004.jpg
マグロの刺身を使ったサラダ、キニラウはやはりこのお店が一番
美味い。色が白ではない、ここの御飯もとても美味い。

キニラウの美味い店

WP_20140807_002.jpg
Magsaysayのフルーツ売り場から西に少し離れた場所の、「Luz Kinilaw」に
夕食を食べに行ってきた。今回は、チャイナタウンの入り口付近で、
ドリアン(1キロ当、35ペソ)を買って、ローカルレストランに持ち込んだ。

キニラウ(100ペソ)は、地元のお客さんに大人気で、
ほとんどのフィリピン人がオーダーしていたので、一度試しに注文してみた。

WP_20140807_003.jpg
左がTuna(マグロ)の首辺りの肉と、右がマグロの丸焼き。

WP_20140807_001.jpg
昼間は、チャイナタウンの日本食レストランに行って、
味噌ラーメンとチャーハン、アボガドシェイクを注文した。全部あわせても
100ペソちょっとくらいで、日本円でだいたい250円くらい。味噌ラーメンに
入ってる豚肉があまりにもでかい。

WP_20140806_019.jpg
こっちは、昨日、チャオキンという店で食べたデザートのハロハロで、
チャオキンのハロハロが一番フィリピンの中では美味い。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

heath666

Author:heath666
ベトナム現地法人でマネージャーをやってますHiroです。現地ベトナム人スタッフを管理する傍ら、システム開発案件も担当。休日はバックパッカー街やタンビン区に行って遊んでます。