スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン・シティに向けて出発

WP_20140821_001.jpg
カンボジア・シェムリアップ滞在中は、Banyan Leaf Hotelに泊まってました。プール付き・ビュッフェ形式の朝食付きで一泊約2000円。部屋もすごい広々として、スタッフもとてもフレンドリー。ダンスショーやバスの予約もしてくれたし、快適にすごすことができた。これからホーチミンに戻ります。

WP_20140821_002.jpg
おすすめのメコン・エクスプレスバスでホーチミンに向けて約2時間ほど経過後、途中休憩。カンボジアの街並みはだいたいこんな感じ。

WP_20140821_003.jpg
露天を覗いてみると、昆虫を揚げたものが売られていた。中にはゴキブリみたいな形のものがあったり。

WP_20140821_004.jpg
街並みから郊外に出ると、田園風景が広がる。しばらく数時間ほどこんな風景が続く・・・。洋書を読みながらときどき昼寝をする。

WP_20140821_005.jpg
カンボジアの首都・プノンペンに到着。

WP_20140821_006.jpg
ここで、一旦バスを乗り換える。シェムリアップからすでに7時間経過。

WP_20140821_010.jpg
フェリーを使って川を渡る。フィリピン・ダバオ滞在中、サマール島に女の子を探しに行った際、よくこんな感じのフェリーに何度も乗った記憶が・・・。

WP_20140821_011.jpg
カンボジア・シェムリアップから約14時間後、無事ホーチミン・シティに到着。ホテルにチェックインする前に、腹が減ったのでフォークインでフォー・ボー・コーを食べる。ビーフシチューのようなフォー。
スポンサーサイト

アンコールワット見学2日目

WP_20140820_036.jpg
午前中は、オールドマーケットに行ってTシャツを買ってきた。どこの店も同じものを売っている中で、お洒落でかつカンボジアらしいデザインのものがあった。売り子がTシャツ一つ25ドルと言ってきたので諦めて帰ろうとしたら、「何ドルがいい?」と返事してきたので、10ドルと答えるとそれでOKと了解してくれた。

午後から再度アンコールワットに行って、建物内をくまなく散策した。2、3時間程度、時間をかけて壁絵をみたり、塔のてっぺんに上ったり、写真を撮ったり。遺跡に興味はないが、何度みても飽きてこないので、不思議な建物だなあと思う。

WP_20140820_051.jpg
アンコールワットから市内に帰ってきて、腹が減ったのでローカルレストランに行って飯を食った。昨日もここに来たが、無茶苦茶うまいし、2.5ドルと大変安い。外国人はこういうところまず来ないだろう。うまい飯をどんと出されたら、テーブルやイスが汚くても全然平気なのはフィリピンで培われた習慣。

WP_20140820_052.jpg
飯を食ったあと、パブストリートをぶらぶらして、ナイトマーケットに寄って自分用のお土産に像の絵柄がプリントされたコインケースを買ってきた。家畜の飼料用の袋を再利用したもので、意外と手触りもよくデザインも良かったので、売り子の言い値に近い価格で買ってきた。

アプサラダンスディナーショー@Koulen2

WP_20140819_090.jpg
カンボジア伝統舞踊アプサラダンスディナーショーに行ってきた。場所は、Koulen2というレストラン。ビュッフェ形式で、何百人が動員できるくらいの広さがある。ビュッフェはかなり種類も豊富で、自分的には日頃の野菜不足をここで解消しようと頑張って野菜をたくさん食べた。食べ物に関してはそこそこ美味しい。

WP_20140819_091.jpg
ディナーの開始時間は午後6時からスタートで、ショーが始まるのが午後7時30から。それまで、しっかり食べて飲む。

WP_20140819_092.jpg
いよいよショーが始まり、若いクメール人女性のダンサーが姿を現す。約1時間くらいのショーで、不思議な感じだが、見ごたえのあるショーだったと思う。

WP_20140819_095.jpg
ショーが終了した後、急いでステージ上に行ってウェイターにお願いしてダンサーとの2ショット写真を撮って貰った。

カンボジア・シェムリアップの裏マッサージ屋

WP_20140819_096.jpg
カンボジア・シェムリアップのナイトマーケットに出掛けてみた。昼間と違い、TukTukドライバーや外国人観光客、呼び込みの店員の数もかなり多い。

WP_20140819_097.jpg
お土産屋を一通り一巡して帰ろうとした時、一人の若いクメール人女性が声をかけてきた。Body Massage 30分だけやって貰ってもいいかな?と思い、女性の後ろをついていくと、雑居ビルの裏手の個室に連れていかれた。個室に入ると、服をすべて脱げと言われる。予想していたとおり、若くて可愛い女性がマッサージ師なわけはなく、抜きアリのマッサージだった。

服をすべて脱いだあと、女性2人が追加で個室に入ってきた。女性2人分のマッサージ・サービス料を払えと言ってきたので、話しが違うと帰ろうとしたら、2人の女性は諦めて個室から出て行った。とりあえず、普通のマッサージをしてもらうことに。

下手くそながら(きちんとしたマッサージ師ではないので)、一通りのマッサージが終ったあと、女性の手が股間の方に伸びてきた。「40ドルでどう?」と言われて、そんなに払えるか!と思い、帰ろうとすると、「いくらなら払える?」と言ってきたので10ドルと答えると、それでOKと了解したので、10ドルでクメール女性とヤルことにした。(といっても、さすがに10ドルなので本番なしの生フェラのみ)

WP_20140819_098.jpg

濃厚なディープキスから始まり、女の子の両方の乳首を丹念に舐めまわす。こちら側の舌使いがあまりにもいいのか?声を押し殺した感じで「気持ちいい・・」と日本語で何度も喘いでいた、、こっちの現地人のほとんどの人たちが片言の日本語をよく話す。

女の子の小さな乳首と乳房、顔の表情からすると、18歳以下じゃないの?と思ってしまったが、年齢を確認してなかったので分からない。フィリピーナのじっとり湿ったモチモチ感のある肌や柔らかい唇の感触からすると、クメール人女性のそれはかなり劣るが・・・。

数十分して、女の子が私のアレを咥えてピストンさせた瞬間、すさまじい気持ちよさがやってきたので、遠慮なく女の子の口の中に思いっきり出した。終った後、10ドルでして貰ったので、ボスには内緒で誰にもいうなと口止めされた。

カンボジア・シェムリアップの街並み

WP_20140819_081.jpg
午前中にアンコールワットの日出と、アンコールトムの周辺を見て周ったので、午後からシェムリアップの街をぶらぶら散歩してみた。まず最初に、Lucky Mall。1Fがスーパーになっていて、フィリピンで売られているものとほとんど同じ感じ、価格の相場もよく似ていた。

WP_20140819_082.jpg
フィリピン・マニラのように、ひどい交通渋滞が発生するようなことはないし、ベトナムのように危ない運転をするバイクもここにはいない。

WP_20140819_083.jpg
カンボジアに本屋さんがある!と思って入ってみたら、中古本が山のように積まれていた。

WP_20140819_086.jpg

WP_20140819_087.jpg
オールド・マーケットの前。これがほしい!というお土産は特になかったが、違法コピーのDVDでほしいものが何枚かあった。

WP_20140819_088.jpg
ベトナム語で書かれたメニュー表の写真を見て、注文した。2.5ドルだったけど、すごい美味しかった。

WP_20140819_089.jpg
マッサージがプロモ価格でBody Massage 1時間4ドルと格安で、しかも今までにない施術で足の血行も良くなり、リラックスできた。ホーチミンだと最低でもこの価格の3~4倍の価格を請求されるし、日本はもっと法外な値段する。当然、チップをクメール女性に支払った。

Sunrise at Angkor Wat

WP_20140819_007.jpg
早朝5時より、TukTukドライバーと共に市内のホテルからアンコールワットへ移動。約20分でアンコールワット前のチケット売り場に到着。チケットブースで3日券(40ドル)を購入し、早速アンコールワットの建物のある場所まで移動。周りはすでに多くの外国人客で一杯だった。

WP_20140819_012.jpg
だいたい6時を過ぎたあたりから、空模様に変化が。

WP_20140819_016.jpg
今日は、アンコールトムを中心にいろいろ周ってみたが、アンコールワットの朝日が一番感動的だった。

WP_20140819_025.jpg
午前中のアンコールワットは、逆光になっていい写真が撮れないので、明日午後から再度アンコールワットを訪れる予定。ついでにサンセットがみれたらラッキーだと思う。

カンボジアに到着

WP_20140818_001.jpg
午前7時、Cambodiaに向けてHo Chi Minhよりバスで出発。バス会社はメコン・エクスプレスで、ペットボトルの水やお菓子のサービス、シートの座り心地もよい。出発から2時間経過後、カンボジアとの国境付近に到着。車内であらかじめ書いておいたイミグレーションカードとパスポートを提出し、カンボジアを通過。カンボジアのビザ代金はバス会社への手数料代含めて25ドルだった。

WP_20140818_002.jpg
カンボジアのイミグレーションではばっちり指紋をとられる。なお、イミグレーションセンターの周りにいた両替商(ただのおばちゃん)にベトナムドン⇒アメリカドルに替えて貰った。レートは多少悪いが、ドンが余りそうな気がしたので。

WP_20140818_003.jpg
ホーチミン~カンボジア首都のプノンペンまで約7時間かかった。このルートは、フェリーで川を通過したり、道が舗装されていて快適だったが、プノンペン~アンコールワットのあるシェムリアップまでは道路の状況が最悪で、舗装されていないところを7時間かけて進むことになるので、バスに揺られてかなり体力が消耗される。僕の座ってる横の席で、欧米人の男性二人がいちゃいちゃしていたのでよけいに体力が・・・。

WP_20140818_004.jpg
バスステーションに午後9時に到着。トゥクトゥクドライバーに3ドルを支払い、ホテルまで送迎して貰う。一泊2千円以下のホテルだが、朝食も付いて部屋が広すぎる。明日早朝5時よりアンコールワットに行って、朝日を見学。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。