ホーチミン郊外の置屋へ行く

WP_20151011_003.jpg
タンビン区から北西に向かったところに非常に多くの置屋街があるということで行ってみることにした。その置屋街に向かう前に腹が減ったので、ヤギのおっぱいの焼肉と、ヤギ鍋(ヤギ肉、ヤギの背骨、ヤギの脳ミソ入り)を食べることに。ヤギのおっぱいの焼肉は、80000ドン(日本円で約400円)でコリコリして美味しい。

WP_20151011_005.jpg
ヤギ鍋もしっかりたべて精力を付けたところで、バイクにてホーチミン郊外の置屋に行くことにした。道路からみると一見、喫茶店のような感じで店内は電気が一切付いていなく、ただ女の子たち数人がイスに座っているお店が結構な数存在していた。

お店に入るとまずは飲み物を注文し、女の子と値段の交渉。ホテル代込みで一回Sexするための費用が50万ドン(日本円で約2500円)。ただ、喫茶店のような感じの店内は薄暗く、女の子の顔がよく見えないので選ぶ時はよく顔をみてから選らばなければならない。タンビン区の置屋よりかは値段は安いが、自分が納得できる女の子を見つけるのにかなりの数の置屋をバイクで回り、探さなければいけないので、時間と根気が必要。

WP_20151011_007.jpg
薄暗い店内で顔がよく見えない状況の中で女の子を選び、早速ホテルに移動することにした。女の子との遊び代はトータルで50万ドンだが、ホテルに向かう前に前金として10万ドン支払い、プレイが終った後に残りの40万ドンを支払うシステムになっている。↑画像の右すみに写ってるのがホテルで、ここに女の子とやって来てプレイを行う。ローカル度が高く、あまり綺麗だとは言えない。自分の選んだ女の子はすごく肌がすべすべしていて、タンビン区にいる置屋の女の子たちよりかは若干若いと思う。(年代的には20歳前後の大学生が多い。)女の子の肌に触れているだけであまりに気持ちが良かった。郊外にある置屋をくまなく探せば安くてすごくいい子(しかも若い)が居るような気がするので、時間があればバイクを借りてきて探しにいきたいとは思う。
関連記事

今度はベトナムの都会の結婚式に参加してきた

WP_20151003_007_20151004004748dc6.jpg
前回に引き続き、ベトナム人女性スタッフの一人が今日結婚式を行うということで参加してきた。ホーチミン市内から車で約30分くらいのチョロンに近いところで、日本のスタンダードな結婚式に近いホテルのような場所で行われた。前回は片田舎で行われた結婚式だが、ベトナムのしかも都会の結婚式に参加するのは初めて。時間のきっちりし過ぎの日本とは違い、今回の結婚式の開始時間は17時からだが、2時間遅れの19時からスタートとなった。

WP_20151003_008_20151004004747275.jpg
同席したベトナム人スタッフたちとビールを飲みながら、順番にサーブされる料理を食べ、楽しくまた貴重な経験をさせて貰ったと思う。まわりをみまわしても外国人は私ひとりだけなので、こういう機会を得られてとても良かった。出された料理はとても美味しく、ベトナム料理を味わい、また綺麗にメイクとドレスアップされた女性たちをみながら酒の席を楽しみ帰宅してきた。

WP_20151003_005_20151004004749c68.jpg
関連記事

ホーチミンの偽装美容室ピンサロ店に行ってきた

WP_20150926_001.jpg
ホーチミンの中心街から少し離れたNguyen Phi Khanh通りの風俗床屋(ピンサロ)に行ってきた。置屋の向かい側にはレストランっぽい建物がある。置屋に入るなりばばあが勝手に適当な女の子をあてがってきて、あまりタイプの女の子ではなかったので、フロアにいる全員のベトナム女子を集め、その中から一番可愛くて愛想の良い女の子を選び、階上へ行く。

私が女の子の視線に合わせたときに自然に笑顔を見せられるかどうかでいつも選んでいる。尚、私が置屋に入って来てるのに、テレビをみたり、携帯電話をいじったり、視線を合わせない女の子は、容姿が良かろうが勿論論外。

階上に移動し、選んだ女の子がペットボトルの水を持ってきてくれたのでそれを飲んでから、早速プレイ。十数分程、軽く足と腕のマッサージの後、乳首とアソコを入念におしぼりで拭いて貰う。ベトナム女子のぬるぬるかつザラザラした舌触りと献身的なプレイがなんとも気持ち良く、アレを咥えて貰ってから数分も経過しないままフィニッシュとなってしまった。本番するよりかは、生でのブロウジョブでかつ可愛い女の子のお口の中で出す方がかなり気持ちが良く、こっちの方がいいかもしれない、と思ってしまった。今日選んだ女の子の容姿や雰囲気に関しても、タンビン区にいる子たちよりもすれてなく、英語も話せなかったし、若くて可愛かった。

ちなみに、値段は以前は40万ドンだったが、50万ドンに値上げされていた。それから、ばばあを含め、フロアに居るすべての女性陣がまったく英語が話せないのでコミュニケーションをとるのはかなり難しく、「フロアにいる女の子全員を集めてくれ。」という簡単な英語ですら通じなく会話に苦労した。
関連記事

フィリピンのユニクロでジョリビーの限定Tシャツを買った

WP_20150919_003.jpg
シルバーウィークの休暇初日。マニラに到着し、マニラ空港から歩いてバクララン駅まで行き、電車に乗ってドロテオ・ホセで降り、バスでアンヘレスまで行った。アンヘレスに到着後、ホテルをチェックインしてからバーを飲み歩く前にジョリビーで買ってきたチキンを食べる。

WP_20150920_003.jpg
アンヘレスからマニラに戻り、マラテ郊外の少し治安があまりよろしくないエリアにあるホテルに泊まった。ここでもジョリビーで買ってきたのを食べる。チキンに関しては、フィリピン版のジョリビーの方が旨いと思う。

WP_20150920_006.jpg
フィリピンのユニクロにジョリビーのキャラクターがプリントされたTシャツが限定販売されていた。残念ながら男性用のTシャツはデザインもそうだが、色的に質の良いものが売られていなかったので、Lサイズでグレイの女性用のTシャツを買ってきた。肌触りが良く、また風通しもいいので、常夏の国に暮す自分としてはパジャマ代わりに使ってみてもいいかもしれないと思う。
関連記事

ローカルディスコで働くフィリピーナと身体を交わす

WP_20150918_001.jpg
シルバーウィークの休暇を利用してフィリピンのダバオという地方都市に遊びに行って来た。ベトナムを出国する前、チェックインまでに時間があったのでタンビン区の置屋に行き、お気に入りの女の子とセックスをし、それから空港に向かった。2階のヤリ部屋から帰る時すごく可愛いベトナム人女子がイスに座っていたので、もし今度見かけたら対戦してみたい。

WP_20150922_002.jpg
フィリピン・ダバオという地方都市の夜遊び場所は限られている。今回向かったのは外国人が行かないようなローカルのディスコ、San Pedro通りの「Hot Legs」。フィリピーナがステージで裸で踊ったり、身体に石鹸を付けて体を洗うパフォーマンスをみながら酒を飲む。私の場合はVIPルームを貸切り、適当に選んだフィリピーナといちゃいちゃしながら酒を飲んでいた。当然、その子を自分の泊まっているホテルに連れ帰りたくなったので、久々にフィリピーナの身体を楽しもうということでお持ち帰りをする。フィリピン人の日本人に対するイメージはとにかく「お金」でしかなく、フィリピーナと身体の関係になると100%必ずといっていいほどお金のトラブルになる。

WP_20150921_016.jpg
それはさておき、一泊1800円のホテルにフィリピーナを連れ帰り、約2時間セックスを楽しんだ。お酒の影響からか途中たたなくなってきたが、女の子が私に付けていたゴムを外してくれて生挿入をした。ベトナム人よりかはフィリピーナの方がアソコの締りが格段に良く、肌触りの気持ちよさもレベルが違う。あまりの気持ちよさのため、最後は我慢できず中だしをしてフィニッシュした。女の子が「ばか~!妊娠しちゃうじゃない。」と言っていたが、あまり怒っている様子ではなかった。このあと、日本円でチップが欲しいと言い出し、いろいろお金のことでもめる。数年前は女の子をホテルに連れ込んでもお金のことでトラブルになることは一切なく、楽しく遊べたので今回はあまりいい終り方ではなかった。
関連記事

久々にタンビン区の置屋で愛想の良いベトナム人と遊んできた

WP_20150913_001.jpg
シルバーウィークの大型連休はフィリピンへ休暇に出掛けるので、預金してあるベトナム・ドンを下ろし、ドルに換金した。かなりな額なのでこれでたくさん遊べるだろうと思う。今日はいつものバックパッカー街で昼飯を食った後、久々にバスに乗ってタンビン区の置屋に行ってきた。女の子の数は十人くらい。ひととおり彼女たちの顔を眺め、愛想良くて比較的可愛い子を選んだ。置屋の女の子たちの表情をみただけで、サービスが良いか悪いかが最近なんとなく分かるようになってきた気がする。

WP_20150913_002.jpg
置屋のある建物の最上階の一室でプレイすることになった。表情から愛想が良く、割かし可愛くて若いので今日も充分すぎるくらい楽しく遊ばせて貰った。Dキスをしながら身体を動かすのがとても気持ち良かったし、置屋の女の子たちはほとんどしないが、今日選んだ子はシャワー時にきちんと身体を洗ってくれたので、なかなか仕事熱心な良い子を選んだと思う。
関連記事

お気に入りのベトナム女子と平日深夜に遊ぶ

WP_20150901_001.jpg
仕事を早めに切り上げ、韓国焼肉屋でビールを飲みながらたくさん肉を食べた。先週の土日はシステム開発の案件で深夜まで仕事をしていたせいで今週はとても疲労感すごく、酔っ払ったついでにタンビン区の置屋へタクシーに乗って行ってきた。

WP_20150901_002.jpg
平日深夜の21時過ぎにも関わらず女の子は十人近く居たが、その中に私のお気に入りの女の子がニコニコしながら立っていたので迷わず指名し階上へ。生挿入での騎乗位はとてつもなく気持ちがいいが妊娠させてしまうリスクがあるので途中からゴムを付けてプレイ再会。ゴム付きだと感度が半減してしまうが今後のことを考えて我慢する。さすがに自分のお気に入りだけあってセックスの相性もよく、酔っていたせいもあっていろんな体位を激しく試す。フィリピーナのアソコは臭いが強烈だが、ベトナム女子の方は無味無臭なので今日は試しにクンニもチャレンジしながら、最後はDキスをしながらの正常位で無事終えることができた。筋肉の疲労感がものすごいがオフィスでの仕事なのでぐっすり寝て頭を休ませて、明日からも仕事をがんばりたい。

関連記事

ホーチミンで旨いサンドイッチ屋

WP_20150825_001.jpg
会社の昼休憩にローカルカフェにてサンドイッチを食べた。「Juicy」という店にはバインミーと普通のサンドイッチがあるが、バインミーは路上で売られているものの方が旨いので、ここではいつもサンドイッチを食べるようにしている。バインミーはどうやら白人向けの味のような気がしてパサパサしていて美味しくない。出来立てのサンドイッチは美味しく、値段は割高だが日本で食べることを考えたらかなり割安だと思う。
最近は開発案件の方がデスマーチに突入しつつあり、クライアントからの仕様変更・修正を繰り返してばかりの激務でとても疲れている。所属企業が開発会社ではなく利用できる開発関連の資産もなく、対応できる人間が自分ひとりだけなのでやるしかないが身体を壊してまで働きたくないので他企業からのオファーも来てることもありそろそろ次のステップに進みたいと思う。
関連記事

お気に入りのベトナム女子と今日も遊ぶ

WP_20150818_001.jpg
ほぼ毎日の昼食はここCua Dong(クアドン)でハノイ風のフォーを食べている。ホーチミンで一番ではないかというくらい旨くて安い。仕事のストレスも吹っ飛びそう。本日も休日ではあるが午前中だけ出社し、午後からバックパッカー街で昼飯と瓶ビールを飲んでたら無性に身体を動かしたくなったので、ベンタン市場南側のバス乗り場からバスに乗ってタンビン区の置屋に行くことにした。

WP_20150822_001.jpg
置屋の入り口を入ってすぐに自分のお気に入りの女の子が立って居たので迷わず彼女を選び階上へ。女の子は十数人居たがそちらの方には全然見向きもせず即決で選んだせいか、自分のお気に入りはテンションが高くとても喜んでいる風に見えた。プレイの方は前回同様にはじめのうちは生挿入で騎乗位や正常位を楽しみながら、途中からゴムを装着し、柔らかい乳房を手や口で触りながら激しい騎乗位で最後はフィニッシュとなった。腰が疲れる。終った後はなにもしたくないぼぉーとした状態になるので、そういう時にハグとかキスとかしてくれたのは満足度的に非常に嬉しいことではあると思う。
関連記事

薄い褐色のすべすべ肌の女子と遊ぶ

WP_20150815_001.jpg
自宅からバックパッカー街まで歩き、汗だくの状態でビールを飲みながら昼飯を食い、その後バスに乗ってタンビン区の置屋まで出向いた。女の子の数は10数人居たが、即決しないで彼女たちの表情をよく観察し、愛想・笑顔等をチェックし、その中で一番良い子を選び、階上に行く。因みに、今回選んだ女の子は容姿も見た目もなかなか良かった。日光が差し、女の子の肌の色が艶めかしく見える中、肝心のプレイの方も楽しい雰囲気。肌触りやアソコの締りも良く、喘ぎ声を我慢しつつ微かに出すところとか、兎に角気持ちのいい時間を過すことが出来た。
関連記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

heath666

Author:heath666
ベトナム現地法人でマネージャーをやってますHiroです。現地ベトナム人スタッフを管理する傍ら、システム開発案件も担当。休日はバックパッカー街やタンビン区に行って遊んでます。